• HOME
  • 住宅ローンが返済不能になったときの対処法

住宅ローンが返済不能になったときの対処法

あなたの住宅ローンが返済不能になった際、


・住宅を手放して(売却等)債務整理をする方法
・住宅を維持して、債務整理や破産をする方法

の2つを選択することになります。
 
eha2.jpg


住宅を維持して債務整理をする場合は、いくつかの条件が発生しますので(住宅を保有しながら債務整理する方法へリンク)その手法が可能かどうか、弁護士に相談することをお勧めします。

住宅を手放して債務整理をする場合は、任意売却や競売などで住宅を売り、残債務を減らして残債務を返済する交渉をする方法や、破産を申し立てるすという手法方法が主となります。

ここで特に注意していただきたいことは、誤った(お客様にとって負担の大きい)債務整理方法をしないことです。
今の目先の状況だけでなく、相談者様の場合、どちらの方法が適しているかを判断するため、弁護士に相談することをお勧めします。


 


ImgTop13.jpg

 

■ TOP   ■ 住宅ローン返済にお困りなら  ■ 無料相談  ■よくある質問


解決への第一歩 無料相談 詳しくはこちら
弁護士とのスケジュールが合えば当日相談が可能ですehlo_mailban.png
Acccess Map
事務所概要
アクセスはこちら
syugo1.jpg

 

 

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

越谷の弁護士による女性のための離婚相談


相続についてはこちら

弁護士による遺産分割相談


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

埼玉・越谷の弁護士による自己破産相談


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

埼玉・越谷の弁護士による会社の整理・破産のご相談


企業法務についてはこちら

越谷中小企業法律相談


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


江原法律事務所ブログはこちら

blog_banner


Copyright (C) 2012 弁護士法人 江原総合法律事務所 All Rights Reserved.