• HOME
  • 住宅を手放して債務整理する方法

住宅を手放して債務整理する方法


住宅を手放して債務整理する場合、第三者へ今の住宅を売ることになるのですが、その際、任意売却と競売という2種類の方法が主となります。

任意売却と競売には売却価格や残債務の支払い方法、自宅の明け渡し方法や引越しに関することなどに違いがあり、競売と比較して任意売却に大きなメリットがあります。ただし、破産を申し立てる場合には、転居先での家賃負担等も考慮して、任意売却をするかどうかを検討する必要があります。

任意売却と競売の違いにつき以下の比較を参考にしてください。

  競売 任意売却
価格 一般的に、市価の50~80%  
残債務 多く残る  
残債務の支払い 自分で交渉、あるいは弁護士司法書士に依頼し、別途費用がかかる  
引越時期 裁判所からの引渡し命令や強制執行もある  
引越費用 自己負担  
機密性 近所に取引先に知らせる可能性はある  


 

競売

任意売却
住宅ローンの支払いが滞ると住宅ローン会社から支払いの督促が行われ、それでも支払いができないと通常、住宅ローン債権者が抵当権を行使して不動産の競売の申立てが行われます。
競売とは住宅ローンの支払いが滞納され支払いができなくなると、抵当権者が裁判所に申し立てて、裁判所が入札に基づき最高値で不動産を売却することを言います。
競売となると住宅や自宅は差し押さえられ、強制的に自宅から立ち退きせねばならず、一般的に市場の相場価格より安い値段で売却されるのでより多くの残債務が残ってしまいます。

そこで、より高く自宅や住宅を売却するには「任意売却」という方法があります。
任意売却とは住宅ローン等の住宅を担保とする借入が滞納した場合、支払いが困難となった場合、支払いが不能となった場合、競売入札が開始される前に住宅ローン債権者(各金融機関)の同意を得て競売の対象となる不動産を任意に売却する手続きのことです。
任意売却は債務者本人の意思に基づき債権者の同意を得て自宅等の不動産を売却するもので、市場相場価格に近い値段での取引ができ、結果、残債務を大きく減らすことができます。もちろん不動産価格が住宅ローン残高より高い場合は手持ちの現金が増えるという利点もあります。


ImgTop13.jpg

 

■ TOP   ■ 住宅ローン返済にお困りなら  ■ 無料相談  ■よくある質問


解決への第一歩 無料相談 詳しくはこちら
弁護士とのスケジュールが合えば当日相談が可能ですehlo_mailban.png
Acccess Map
事務所概要
アクセスはこちら
syugo1.jpg

 

 

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

越谷の弁護士による女性のための離婚相談


相続についてはこちら

弁護士による遺産分割相談


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

埼玉・越谷の弁護士による自己破産相談


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

埼玉・越谷の弁護士による会社の整理・破産のご相談


企業法務についてはこちら

越谷中小企業法律相談


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


江原法律事務所ブログはこちら

blog_banner


Copyright (C) 2012 弁護士法人 江原総合法律事務所 All Rights Reserved.